文字サイズを変更する

「セキュリティ保護のため...」というメッセージが出て操作ができない方へ

  • 「セキュリティ保護の為コンピュータにアクセスできるアクティブコンテンツは表示されないよう、Internet Explorerで制限されています。オプションを表示するには、ここをクリックしてください...」というメッセージがIEの上の方に出て操作ができないという方は以下をご覧下さい。
  • これはWindows XPのサービスパック2(SP2)によって表示されるようになったメッセージで、メッセージの表示されているアドレスバーの下の部分を「情報バー」と呼びます。
  • ここに表示されるメッセージにはいくつかの種類があって、先のメッセージはWebページからユーザのコンピュータ上のスクリプトやActiveXコントロールが実行されようとしたときに表示されます。
  • 便利な機能なのですが、ウィルス被害を発生・増加させる原因の一つでもあるのでWindows XP SP2では制御するようになっています。「福祉のフジ」ではスクリプトやActiveXコントロールが実行されても問題ないWebページになっております。
  • 以下のいずれかの操作をすることで、Webページが正常に表示されるようになります。
  • ▼方法1
  • 「ここをクリックしてください」の所をクリックして現れたダイアログで「ブロックされているコンテンツを許可」を指定します。「はい」を実行してください。
  • ※この方法はページが出るたびに毎回操作が必要です。
  • ▼方法2
  • インターネットエクスプローラの「ツール」メニューから「インターネットオプション」を選択します。
  • 「詳細設定」のタブを選んで下記の2項目の所にチェックを入れて下さい。
  • 「マイコンピュータでの、CDのアクティブコンテンツの実行を許可する」
  • 「マイコンピュータのファイルでのアクティブコンテンツの実行を許可する」
  • ※こちらは毎回操作することなくインターネットを利用することができます。 ただし本当に悪意のあるスクリプトが組み込まれたページに行った場合に何らかの問題が生じる場合もあります。行ったことのないサイトなど、初めて行く時には、このチェックをいったん外しておくことをお勧めします。